ようこそ ゲスト 様

住宅ローンの賢い返し方

 

住宅ローンの賢い返し方のコツを説明しましょう。

 

ポイントは繰り上げ返済です。

 

1.繰り上げ返済はできるだけやりましょう。

 

住宅ローンは『元利均等返済』という返済方法が一般的です。

 

 

 

 

 

毎月の返済額は一定で、その中で利息と元金の割合を変える方法なのですが、住宅ローン前半の返済額の割合は利息が多くて元金が少なくなっていて、後半に行くほど元金の割合が増えていきます。

 

つまり、毎月返済はしているものの利息ばかりで元金は減らないということです。

 

 

しかし、繰り上げ返済をすれば全部元金に充てられます。

 

50万円繰り上げ返済すれば30万円が利息に充てられる!ということは無く、50万円借入の残高が減るのです。

 

利息は、借入残高に利率を乗じて計算されますので、少しでも元金を減らしておく方が、支払う利息が少なくなるということになります。

 

ただし、繰り上げ返済手数料が必要な場合がありますので注意してください。

 

 

繰り上げ返済手数料が不要であれば、10万円でも繰り上げ返済した方が得です。

 

繰り上げ返済手数料が必要であれば、細かく返済せずに例えば100万円などある程度まとまった金額になってから返済しましょう。

 

 

2.繰り上げ返済した時は「期間短縮」で!

 

繰り上げ返済すると、返済した分で期間を短縮するか、毎月の返済額を減額するかを選択することができます。

 

この両者で選ぶなら、絶対「期間短縮」がお得です。

 

期間を短縮すると、短縮された期間分の利息を払い必要が無くなります。

 

しかもその短縮される期間は期間最終が前倒しになるのではなく、短縮される期間分が中抜きされるのです。

 

 

例えば、毎月10万円返済しているとして、その半分が利息だとしましょう。

 

50万円繰り上げ返済すると、元金返済部分の5万円×10回の期間が短縮されるので、その10回分の利息は払わなくてよくなるのです。

 

つまり、利息5万円×10回で50万円の得。元金は50万円減っていますので、50万円繰り上げ返済した効果は100万円になります。

 

返済額減額は金利面での効果は薄いですが、もし給与の減額などで毎月の返済が厳しいのであれば、有効な手段です。

 

正当な方法での減額ですので、ネガティブな借り入れ条件の変更にはなりません。

 

 

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

住宅ローンの諸費用。

 

 

 

住宅ローンを借りる際の注意点。

 

 

住宅ローン減税の仕組み。

 

 

 

フラット35って何。

 

非公開物件情報
一般公開物件
387
会員用非公開物件
157
  • ログイン
  • 新規登録
  • オンライン相談始めました。
  • キャンペーン
  • 地図検索
  • 新着物件
  • 値下げ物件
  • オープンハウス
  • 学校区検索
  • 売買物件検索
  • 土地
  • 一戸建て
  • マンション
  • 収益・事業用
  • すべてのタイプから検索
  • こだわり物件検索
  • 地域から探す
  • 最寄り駅から探す
  • 新築・築浅物件
  • リフォーム済み
  • 平屋建て
  • 駐車場2台以上
  • 建築条件無しの土地
  • 賃貸物件情報
  • 賃貸マンション・アパート・貸家
  • 店舗・事務所・その他事業用
お知らせ
  • スマホで物件検索
  • リースバック
  • 売却物件募集
  • 物件リクエスト
  • 不動産購入の基礎知識
  • 不動産購入の流れ
  • 住宅ローンの基礎知識
  • 住宅ローンにお困りの方
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • おすすめスポット100選
  • おうちのポータル 都城店
  • らしく
  • スタッフ紹介
  • 会社概要・アクセス
  • 採用情報
  • リンク集

このたびは株式会社拓新不動産のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

株式会社拓新不動産では都城市を中心とした三股町・宮崎市・曽於市の不動産情報をいち早くお客様にお届けしています。
お客様のご希望に沿った物件をご紹介出来るよう、誠意をもって取り組ませていただきます。
都城市を中心とした三股町・宮崎市・曽於市に精通した有資格者が正確な物件情報をお伝えすることをお約束いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

お客様に喜んでいただけるよう、社員一同努力精進いたしますので、宜しくお願い申し上げます。